地方 公共 団体 と は。 総務省|地方自治制度|地方公共団体の区分

地方公共団体

公共 団体 は 地方 と 公共 団体 は 地方 と

条例による事務処理の特例 都道府県は、条例により知事の事務を、市町村に処理することとすることが出来る()。 住民の権利には次のようなものがある。

17

地方公共団体金融機構について

公共 団体 は 地方 と 公共 団体 は 地方 と

地方議会は次のような権限を有する。 まとめ 地方公共団体とは・地方公共団体の仕事や種類・地方自治体との違いなどについて、解説してきました。

地方公共団体の財務状況把握 : 財務省

公共 団体 は 地方 と 公共 団体 は 地方 と

このため、当機構において、資本市場から資金を調達し、地方公共団体に長期・低利の資金を安定的に供給しています。 投票において有効投票総数の過半数が賛成すれば、解散となる(地方自治法第78条)。

9

地方公共団体金融機構について

公共 団体 は 地方 と 公共 団体 は 地方 と

仕事内容、エリアは異なりますが、公共の仕事を行う国以外の組織は広く公共団体として覚えておくと良いでしょう。

3

地方公共団体とは

公共 団体 は 地方 と 公共 団体 は 地方 と

委任条例 法令の授権に基づいて制定する。 外部リンク [ ]• 鹿児島県阿久根市議会 - 2011年2月20日の住民投票で解散した。

5

総務省|地方自治制度|地方公共団体の区分

公共 団体 は 地方 と 公共 団体 は 地方 と

上の地方公共団体は、普通地方公共団体及び特別地方公共団体からなり(地方自治法1条の3第1項)、普通地方公共団体には及び(地方自治法1条の3第2項)、特別地方公共団体には、地方公共団体の組合、がある(地方自治法1条の3第3項)。 都道府県は、市町村の法定受託事務について基準を定めることが出来る(同条2項)。 再議権(地方自治法176・177条)• 憲法94条は地方政府の権限を定めたものとも解されるが、条例は住民によって構成される(地方自治法94条・95条)でも定めることができるので住民を含む意味で用いられているとも解される。

地方公共団体の財務状況把握 : 財務省

公共 団体 は 地方 と 公共 団体 は 地方 と

地方自治法上の位置づけにより「 地方公共団体」は以下のようにも区分される。

17

地方公共団体

公共 団体 は 地方 と 公共 団体 は 地方 と

人口20万以上の市の申出に基づき政令で指定• 東京23区は特別区として、普通地方公共団体ではなく特別地方公共団体として扱われています。

17